人気ブログランキング |

Do Something II

dosmthng.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 27日

Technology Diffusion, Adoption, and Productivity Differences

Barriers to Riches (Walras-Pareto Lecture Series)
Stephen L. Parente Edward C. Prescott / Mit Pr
スコア選択:




Acemoglu D., Zilibotti F. (2001), "Productivity Differences," The Quarterly Journal of Economics 116, 563-606.

を読了しました。この二つの文献は,経済発展度合いの違いを表すと考えられている生産性(正確には TFP [Total Factor Productivity])の国ごとの差がなぜ生じているのかということに焦点を当てています。しかし,両者の方法は全く異なっていて,Parente & Prescott (2000) が Monopoly Rights を考えるのに対し,Acemoglu & Zilibotti (2001) は Technology と skill のミスマッチを考えます。Parente & Prescott (2001) は新古典派経済成長モデルから説明をするため長くなっていますが,随所にケーススタディを紹介しているため現実経済と academic contribution との関係がわかりやすくなっており,実証研究やモデルのカリブレーションを紹介しているので,僕みたいな初心者がこの分野の Literature に入っていくには良い本です。ただ,いかんせん本のため長いので彼らの論文を読むのが良さそうです。
Parente & Prescott (1994), "Barriers to Technology Adoption and Development," Journal of Political Economy 102, 298-321.
Parente & Prescott (1999), "Monopoly Rights: A Barriers to Riches," American Economic Review 89, 1216-1233.

by yoichikmr | 2006-03-27 11:18 | ECONOMICS_経済学


<< Urbanization an...      Rural-Urban Con... >>