Do Something II

dosmthng.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

Migration

ヨーロッパでは、EUへの新規加盟国から古参加盟国の西側への移住が起こる一方で、移民たちの母国への送金も大きいようだ。旧西側諸国へ移住した移民たちは、そこの国民よりも悪い生活水準にありながら、稼いだ所得を母国へ送金して、それが家族や車、家、ひいては自らのビジネスの資金にもなるという。The Economistの記者の推計では、そうした送金は年間190億ドルもの金額(価値)になり、いくつかの国では、送金が海外直接投資よりも大きな意味を持つこともあるようだ。
The Economist, "Europe's huddled masses" (Jan 18, 2007)

この記事に関して、経済学を学ぶ者として気になることは労働賃金格差だ。例えばポーランドからイギリスへ移住する一人の若者がいるとする。彼をRobertと呼ぶと、Robertはイギリスで働いて貯めた所得の一部をポーランドの家族へ送るわけだが、この送金の水面下には2つの異なる現象が意味を持つと思う。現象の第一は、ポーランドからイギリスへの単純な労働力流出というもの。旧東側諸国のひとつとしてのポーランドは、経済システムが社会主義構造から資本主義構造へ移行する過渡期にある。この過程で、国内の労働力が減少することは国内産業の振興に悪影響が出る可能性がある。現象の第二は、ポーランドで得られる職より高い給料のイギリスの職に就職可能というもの。Robertはどの国で働いても同じ技能を発揮する。経済学の言葉で言えば、彼は自分自身の人的資本(あるいは技能)の水準で仕事をこなす。経済学的に興味深い疑問は、同じ人的資本(技能)水準で仕事をするのに国ごとに給料が異なるのはなぜか?だ。そして、労働力移動を生むそうした賃金の格差がいつまでも消失しないのはなぜか?というものだ。

需給関係のみから賃金水準が決定されると考えるベーシックな理論からは、一般的に賃金格差の恒常性は説明できない。旧東側諸国から労働者が絶えることなく旧西側諸国へ流入すれば、いずれ労働力移動は止まるように賃金格差がなくなるはずだからだ。現実に賃金格差が恒常的であるなら、なんらかの力学が賃金格差裁定を阻むように働いている可能性がある。

この現実に対するひとつの回答は、生産における技術と労働者の技能との補完性によって説明できるかもしれない。補完性とは、文字通り双方を補い合う関係にあるということで、技術の欠如を技能によって補うことができる関係のことである。生産にこのような関係があるとき、より技術水準の高い企業で働くことで、労働者はより多くの賃金を得られる可能性がある。しかし、労働者のこのようなインセンティブと同じように、企業は技能水準の高い労働者を雇うことで利潤を多くすることができる可能性も持っている。だから、経済全体で、より技術水準の高い企業に低い技能の労働者ばかりが引きつけられ続けるとは考えられない。

この補完性の議論で賃金格差を説明しようとするなら、労働市場に何らかのfriction(摩擦)があるせいで、企業と労働者の効率的なmatchingが達成されない可能性を探らないといけない。つまり、企業が意図せず低技能の労働者を雇用してしまうメカニズムとは何なのかを探る必要があるということだ。

はて、それはいったい何なんだろう?
(修正;13th Feb 2007)
[PR]

by yoichikmr | 2007-01-31 13:13 | 記事
2007年 01月 30日

Tanzania

Tanzania大統領Jakaya Mrisho Kikwete(キクウェテ)

「私たちは無償ODAは要りません。欲しいのは企業の元気な活動です。」
「タンザニアは日本と同じで天然資源が豊富な国ではありません。それでも去年は年率7%近い高い成長率を実現しました。政府債務は減り、企業投資が活発になり、歳入は増えています。」
「1986年から順次国営企業を廃止し、起業が市場原理で自由に動ける環境づくりに努力してきました。金融部門の自由かも進めました。こうした改革の結果、マクロ経済が安定しました。インフレ率は今年6,7月には4.5%まで下がる見通しです。」

日経新聞・2006年1月29日
[PR]

by yoichikmr | 2007-01-30 10:16 | Africa
2007年 01月 29日

動画など

とあるEconomics PhD 留学専門の掲示板で仕入れたもの。

Finite Simple Group (of Order Two)

Every Breath You Take

b0056416_0551665.jpg


b0056416_0552712.jpg


b0056416_0554848.jpg


b0056416_056516.gif
[PR]

by yoichikmr | 2007-01-29 01:04 | 日記
2007年 01月 14日

日本の格差社会について

57ヶ月続いたと言われるかつてのいざなぎ景気を超えて、平成の景気は過去最長の景気拡大が続いているとされる。一方でその実感はないと広く指摘され、先ごろまでの景気低迷への危機感が嘘のように論壇には景気に関する議論は消えうせ、「格差社会」に関する議論が増え始めている。雑誌文芸春秋は、「日本の論点」の編集部による「10年後の『格差社会』」と題する論文を掲載している。この論文では、来る10年間に押し寄せるであろう日本経済が抱える11の論点における格差を論じている。11の論点とは、雇用・会社・所得・資産・教育・自治体・治安・対災害・医療・結婚出産・老後である。

More
[PR]

by yoichikmr | 2007-01-14 01:19 | 記事
2007年 01月 13日

memo; 灰谷健次郎

幼少の頃あまり本を読むことの無かった俺が初めてしっかりした小説を読んだのが灰谷健次郎の「太陽の子」だった。今となってはその内容を全く覚えていないが、当時深い感慨と共にこの本を読み終えたことは鮮明に覚えている。今月刊行の文芸春秋で彼のobituaryを発見した。以下に簡単に引用する。
 児童文学作家・灰谷健次郎は、教育生活と放浪の後に、子供たちの成長がテーマの作品を発表して、膨大な数のファンに愛読された。(中略)
 1934年、神戸市生まれ。定時制高校に入り、商店の店員、港湾労働者、印刷見習い工、電気溶接工など、職を転々としながら大阪学芸大学に入学。卒業後は神戸の小学校で教員を続けるかたわら、児童雑誌『きりん』の編集に携わった。72年、突如、朝礼で「先生は辞める」と言って退職。沖縄・アジア放浪の旅に出かける。
 最初の作品を発表した後も、『太陽の子』や『ひとりぼっちの動物園』などを発表して、多くのファンを得た。80年、住居を淡路島の山中に移し、自給自足の生活を始め、83年には神戸市に「太陽の子保育園」を設立している。91年から沖縄の渡嘉敷島に邸宅を建てて移住。(中略)
 97年、写真週刊誌が殺人容疑の少年の顔写真を掲載したことに抗議して、出版社から著作の版権を引き揚げ話題になった。
(2006年11月23日没、食道癌、72歳)
児童教育に捧げた人生だったのだろう。教師をやめたことや自給自足生活をしていたことなどから、彼は極めて自由人だったということが想像される。同時に97年の件が、詳細はおぼろげにしか覚えていないが、彼が意志の人であったことをも想わせる。合掌。
[PR]

by yoichikmr | 2007-01-13 22:57 | 記事
2007年 01月 08日

悪い奴

あけましておめでとうございます。

さっそくなんですが、きょうはとっても悪いやつのことを書かないといけません。
きょうとんでもなく悪いやつに遭遇したんです。

・・・ウチの前には電車が通っていて、玄関のそばに踏み切りがあります。
おれは踏み切りの反対側にあるコンビニにいくために踏み切りの方向へ歩いていました。
電車がやってくるらしく踏み切りは閉まっていて、カーンカーンカーンと鳴ってます。

その時です。踏み切りの向かい側で電車がやってくるのを待っていた学生風の若い奴がおもむろに手持ちのペットボトルを取り出して飲もうとした時でした。運悪くペットボトルが若い奴の手から滑り落ちてコロコロと踏み切りの中に入っていってしまいました。驚いた若い奴は即座にペットボトルを取ろうとします。けれど、若い奴の意に反してペットボトルは早く転がり、線路のレールの狭い隙間に挟まってしまいました。「あ~面倒なことになっちゃったな」と思ってみていると、若い奴はペットボトルが隙間に挟まるやいなや自転車に飛び乗って、風のように走り去っていったのです!

えーーーっ!!!

です。信じられないです。悪い奴です。幸い、ペットボトルが挟まった線路に電車はやってこなかったので大事には至らなかったわけですが、もし、「もし」その線路に電車が来ていたらもしかしていたかもしれないわけです。だって、どっかの悪い奴が線路の上に石を置いていて電車が脱線なんてことは実際起きてるわけだし。まーペットボトルだから石より危険性は低くなるのかもしれないですけど、「逃げる」はありえないでしょ。ひき逃げならぬ「はさみ逃げ」ですよ。悪い奴です、ほんとに。

ペットボトルは俺が拾ってゴミ箱に捨てました。けど、俺の中に残ったあの若い奴の自転車に飛び乗って走り去る姿は、しばらく驚きと一緒に頭に残り続けました。奴は、走って逃げながらどんなことを思ってたんだろう、もし電車が脱線したりでもして後からそれを知ったら何と思うんだろう、なんてことを思いました。当人は周りの人間以上に驚いて冷静さを失ったのかもしれないけど、逃げちゃ駄目だろって思いました。
[PR]

by yoichikmr | 2007-01-08 21:08 | 日記