<   2004年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 31日

2004年から2005年に向けて

サーフィンをやっていると,時々,局所的に波が静かになることがある。しばらくすると,待ちかねたように大波がやってきたりする。そのときどう対処するかは,静かな波待ちの状態のときにする状況観察にかかっている。今日のような大雪は,普段と違う非日常の街景色を予感させながら,異常な静けさをともなう。この大雪の後には,新しさがやってくる。明日の朝,太陽が昇り始めたときに街がどんな景色をしているかはわからないけど,それはまぎれもなく新しい年の始まりであって,新しい何かの始まりなんだ。到来する何かの前にある静寂。そんなとき,人は異常なほど冷静になれる。


ちょうど1年前,俺は大学院に行って経済の専門家になりたいと,ただそれだけを考えていた。振り返ってみれば,過ぎ去った1年というのは思いのほか短い。けれども,その短さの中に,結晶となって残った自分の考えがうっすらと残っている。そういう結晶を見つめなおしてみると,曲がりなりにも自分は,目の前にある問題を一生懸命に考えていたということがわかる。今の俺は1年前の俺とは違うことを考えているし,自分のおかれている環境も変わった。時が進むのに合わせて,自分を少しずつ調整してきた。

今年の1年は去年と同じだった。だけど,今回の年越しは前回とは違う。来年には俺は大学を卒業する(・・・予定)。大学4年間にかけた自分の信念は,入学当初と何も変わっていない。当時の思いを,4年という年月を越えて,今に至るまで運んでこれたことはよかったと思う。だけど,気になるのはその信念をどれほど形にできただろうかということだ。

俺の大学入学当初の信念とは,何かの答えやら結果やらを求めることではなくて,今後の自分の人生につながっていく「俺」という人間の基礎を作りたいというものだった。ひとことで言えば,「教養」をつけたかった。教養というのはたかだか4年間でどうこうなるようなものだとは到底思えなかったし,終わりなんてのは始めから見えるわけもなかったから,ただ必死に大海に飛び出たという感じだった。

経済を専門にしているというのは俺の仮の姿でしかない。少なくとも,俺自身にとっては。人類の長い歴史から見れば,俺が生きている時間なんてのはほんのフラッシュでしかない。その短い自分の一生に何とかして意味を求めようとしながらも,全く逆に,人類全体の長い歴史の今後を探りたいとも考える。そういうことを一生を通して考えていく人生を送りたいというのが4年前の信念だ。

自分はいいスタートが切れたのか,今後もその信念を大事にしていけるのか,そんなことを大学卒業前の静けさ,嵐の前の静寂の中に思う。

大学卒業直前はもう嵐の中に半分足を突っ込んでる状態だろうと思う。だから今が,この年の変わり目が,俺にとっての唯一,冷静になれるときなんだと思う。

来るべき新年に期待を抱きつつ・・・。
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-31 17:34
2004年 12月 29日

寝正月の夢

久しぶりにのんびりできる日だったのに,ゆっくり卒業論文とやらでもやろうと思っていたのに,ちょっと昼寝しようと思ったのがいけなかった。疲れたから少し休むべ,なんて考えたのが誤りだった。起きたら2時。あうっ。普通に8~9時間寝てるじゃないか。私にとって,睡眠以上に幸福を感じれるものは少ないのでね,頑張って無理にでも起きるなんてありえない話なわけで。でも最近24日以降寝すぎで腰が痛いんだよね。明日は武蔵高校の同期のやつらと忘年会じゃないですか。かんそんほ,おつかれ。よく40人も人集めた。だから,明日は必然的に何もできないわけで・・・,これから寝ないで卒論でもやりましょ。いや,もう寝れん。あ~貴重な今年の残り日数が~。寝正月は無理クソンだな。4年生の人って,卒論もう終わってたりする??おれ,こういう期限あるやつってだめなんだよね。早めに終わらせることって100パーできない。いつもぎりぎりまでかけちゃう人。なんか毎年ながら大変憂鬱な1月を送る羽目になりそうな・・・。
それと・・・

2日も遅れてしまいましたが,サカキさんにShout Out!
そもそもホームパーティやろうって思ったのもサカキさんのおかげもあるわけです。なのに日にちが帰国する日と重なってしまっておれとしてはスマンて感じだけど,それでも成田から直で来てくれたことに感謝しますわ。Glühweinを持ってきて頂いて,これも感謝ですわ。ま,明日またゆっくり語りますか。

[PR]

by yoichikmr | 2004-12-29 02:51
2004年 12月 27日

昨日のPartyに来てくれた人たちに

今起きた。よく寝た。今日は18時間くらい寝た。よく寝れるもんだな,と自分でも驚く。

あらためて,昨日来てくれた方々でこのページを見てくれてるひとたちに感謝します。
いろいろ持ってきてもらって,おかげさまでガソリン切れになることもなく,むしろ結構あまってしまい申し訳なく思いながら,我が家で楽しませていただきます。
今回は自身はじめての企画だったので,どんな感じになるかわからず,ところどころ不具合もあったかと思うんだけど,またこんな感じのことをできたらいいかなと思ってます。
そのときはまた召集かけるんでよろしく!ですよ。
今日来れなかった人も,次回来てくれることを期待してます。
みんなの2005年が良い年になりますように!


A La Faveur de l'Automne
Tete / Sony International



昨日GOROから返してもらったこのCDを聞きながら,友達のブログめぐりをして,卒論でもやりますか!
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-27 19:01
2004年 12月 27日

おつかれさま

みなさま,ありがとう。おかげさまでいい感じになりました。
お兄さんは久しぶりに疲れたので寝させて頂きます。おやすみ。
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-27 00:39
2004年 12月 23日

今日は大掃除

今日の深夜2時半からテレビ朝日10チャンである映画をやるんだけど,お勧めだからぜひ見るなりビデオとるなりして。
オーロラの彼方へ
Xマス・シネマフェスタ 『オーロラの彼方へ(原題:Frequency)』
何年も前の映画だけど,俺はおもしろかった。

それとみなさん,Have a merry X'mas.
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-23 14:06
2004年 12月 23日

Bayern Straße -No.2-

b0056416_0263019.jpg

ミュンヘン市街中心部のの北西にあるPropyläen。
この界隈は,美術関係の建物が多いみたいだ。
古代美術博物館Antiken-Sammlungenとか,
グリプトテーク(彫刻品陳列館)Glyptothek(この写真はこれをバックにしている)とか,
モダン,ノイエ,アルテ・ピナコテークPinakothek der Moderne, Neue Pinakothek, Alte Pinakothekなど。
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-23 00:26
2004年 12月 22日

師走 

第2回ニシキダ会お疲れ。お気に入りのラーメン(みそ@げん)を注入して,これからまた渋谷はAsiaに赴きます。そして,明日午前中は今年最後の授業。んー。気合入る。
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-22 01:35
2004年 12月 21日

The Public

大衆という存在は長きに渡って無視されてきたが,第1次世界大戦後になって,民主主義を脅かす存在として考えられるようになったようだ。
政治学者のG.ウォーラスは,"Great Society"(1914)の中で,よりどころを失った大衆が知識人の言いなりになることをやめ,一人歩きし始めると言ったらしい。
スペインのホセ・オルテガ・イ・ガセトは1930年に『大衆の反逆』を書き,大衆社会について分析している。
大衆の反逆
オルテガ Jos´e Ortega y Gasset 寺田 和夫 / 中央公論新社
スコア選択:

彼は,大衆を気ままな存在として捉えて,誰も大衆を動かすことはできないのだと主張しながら,一方で,知識人は教養を失い専門バカになったと言う。

彼らに共通しているのは大衆と知識人の分断であって,長い間労働者階級とそれ以外として捉えられてきたものとは対象を異にしている。

同じような対象を分析した哲学者に,ドイツのユルゲン・ハーバマスがいる。
彼は今年,京都賞なるものを受けたらしい。上のリンクはそのページに行く。
日経新聞の12月19日付け日曜紙の日曜コーナーに,彼を紹介する欄があった。
彼は,上の2人と同様に,大衆と知識人との2極分化をもとにして,そこから生まれる形式的な大衆民主主義を再生する鍵がコミュニケーションにあるとした。
b0056416_185740.jpgReason and the rationalization of society The theory of communicative action Vol.1
Jurgen Habermas / Polity Press
スコア選択:


彼の1981年の『コミュニケーション行為の理論』というのが,「20世紀の社会科学における金字塔」と称されているらしい。
ハーバマス曰く,「知識人には果たさねばならぬ公的責務があり,自身や他者の誤りから学んだことを公的に使わなくてはならない」。イラク戦争には,「国際法違反」を理由に反対を表明し,「一国の価値基準ではなく,世界的な支持を得られる価値基準に依拠することが肝要だ。それを私は敗戦時にアメリカから学んだ」と言っている。
力強い説得力を持つ言葉である。
興味を持った人には,直接日経新聞に当たってみて欲しい。

大衆という概念は政治においては重要な意味を持つと思う。推測されるのは,今後経済においても同様の意味を持っていくのではないだろうかということだ。1999年にシアトルで起きたWTO会議への抗議運動は,民主主義に対してもつものと同じような意味を経済的思想にたいして持っているのではないかと思う。
だから,今後この「大衆社会論」についてサブワークとして迫っていこうと思う。
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-21 01:09
2004年 12月 20日

Bayern Straße -No.1-

b0056416_2312572.jpg

11月18日から28日まで世話になった友達の部屋@向かいのビル4F。@ミュンヘン
われながら,きれいに取れた写真だ。
ちょうど1ヶ月ほど前。
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-20 23:16
2004年 12月 17日

What Code's Talking About

ちょっとした小話を少し。ダビンチコードの話だけど,これから読む人もいると思うので,ストーリーに関わることには触れないのでご安心あれ。

昨日かその前の日あたりにアマゾンのページでダビンチコードのページを見ていたら気になったことがあったので一言書いておきたい。
アマゾンでは,読者がこれから本を買おうとする人のために,自分の読後感を紹介できるようになっている。
見てみると,そこには手放しで面白いと言う人と,前半はすごく面白かったのに後半に失速したと言う人と,そしてはじめから事実に基づかないウソばかりしかないという人の3種類がいる。上のリンクのページに行けば,100件以上のそういう意見を読める。(注意:Plot的に大事なことをばらしている人もごくまれにいるので注意!!)
最後の人たちについては,レベルの高い人は,ダビンチコードのストーリーの元ネタというか事実の物語があるのを知っているようで,それはそれですごい。レベルの低い人は,事実は違うと勝手に怒ってる人たちで目が向けられない。本のはじめに,建物や団体などだけ,「だけ」が事実だとしっかり書いてある。だからそれ以外は創作だということを思い返さないといけない。こないだ紹介した作者Dan Brownのページで,彼もほとんどは創作なんだというのを強調している。だいたい,小説の中に事実を探そうとしても面白くない。そんな想像力のないことをするのなら,はじめから読まないほうがいいのではとさえ思える。
後半がイマイチという人も,想像力に欠けているのではと思わざるを得ない。ダビンチコードは,主人公たちが暗殺者を追う旅をしながら,2000年に渡って隠されてきた真実を追う旅をしている。しかしながら主題は後者にあって,それが作品の最初から最後まで続くから面白いのだが,その結末は自分がどう解釈,あるいは想像するかによって違ってくる。暗殺者を追う旅として全編を読んだらそんなに面白くない。そして,真実を追う旅の結末を書いてあるとおりにしか取らないのであればこれまた面白くない。Plotとしてのどんでん返しはこの最後の部分にあると俺は思っているんだけど。。。
[PR]

by yoichikmr | 2004-12-17 08:45