Do Something II

dosmthng.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 60 )


2010年 06月 07日

ソマリアの若者は何を思うか

6月から3ヶ月間の予定でワシントンDCに来ている。国際通貨基金(IMF)という機関にお邪魔してインターンをさせてもらっている。国際貿易に関する部署に入れてもらって、この機関がどのように機能してるのかをつぶさに観察する機会を頂いた。大学とは違う国際機関という組織の働きに触れる良い機会であると同時に、諸々の政府機関、NGOなどが集中するこの都市ならではの人種のるつぼを体感できる良い機会でもある。

6月4日の金曜に Dupont Circle という町のバーで NBA Final Game 1 を見た後、歩いて Georgetown の家まで歩いて帰るはずが、慣れない土地のために無駄な労力を払って遠回りしてしまった。帰宅が2時を越すと判断してタクシーを捕まえることにしたら、森の中にもかかわらずすぐ捕まった。

ドライバーはソマリアからワシントンDCに来ている青年だった。

彼は平日を大学生として過ごして、週末にタクシードライバーとして働いていると言った。俺が彼のタクシーをつかまえたとき、時刻は1時ころだった。タクシーには、その日のニュースをまとめて伝えるラジオが流れていた。

タクシーがカーブに差し掛かると、彼は、カーブの内側にある広大な敷地にはアメリカの副大統領が住んでいると言った。Joe Biden のことかと聞くと、海軍の基地もあると言った。

出身を聞かれ、それに答えると、彼は、8ヶ月足らずで行政トップの首相が交代するなんて馬鹿げてると言った。日本の総理大臣が入れ替わったのはワシントン時間でその前日で、俺がその事実を知ったのはその日の朝だった。一(いち)タクシー運転手がそんな他国のことを意見するとは予期しておらず、面食らった。

タクシーがバーの集積する辺りを過ぎるとき、彼は人ごみが一層賑やかでパトカーと警官が目に付く辺りを指して、「アメリカ人は飲んで騒ぐ。女が上半身裸になっているのを酔いながら見て、大騒ぎする」と言った。「おれはこの界隈が嫌いだ」とも言った。

しばらくして家の付近に辿り着き、代金を払って礼を言ってタクシーを降りた。

++++++++++++++

ソマリアは2010年6月現在で、統治国家として国際社会から認められていない。長引く内紛と近隣諸国との戦争のせいで国内行政機関が機能しておらず、国連による治安維持部隊が派遣された経験がある。すぐそばのスーダンがダルフール内紛を抱えながらも国内政府が公的サービスを提供している一方で、ソマリアではあらゆる公的サービスが十分に提供できない状態に長いこと置かれている。国際社会がスーダン政府に対してダルフール紛争の解決へ向けたプレッシャーをかける一方で、ソマリアに対しては、国際社会全体が為す術なく放置している状況にある。今日この瞬間、ソマリアほど悲劇的状況に置かれた国はない。

俺は、そんな国からきた青年に会った。

俺と彼はこれまであまりに違う世界を生きてきたと思った。俺は自分が生きることに困ることなく生きてきた。彼は国が命を守ってくれないところで生きてきた。俺は世界中のだれもが敬意を表する国からアメリカに来た。彼は世界中のだれもが哀れむ国から来た。俺は働くことなく人から金をもらって勉強したり酒を飲んだりする。彼は週末の夜まで働いて稼いだ金で大学に行く。その違いを思うと、これまで経験してきたあらゆる差異がちっぽけなものに思えた。人種や宗教、国や肌の色、言葉や教育年数、あらゆる差異がまったく意味を為さなくなるくらい、俺は、彼との会話を楽しみながら、同時に彼との間の距離を感じずにはいられなかった。

それにもかかわらず、彼との会話は、その一球一球のやりとりがズシリと重く、強く俺の心に響いた。彼は彼の視点で、他人がどうであるかに関係なく、自由に考えて話した。同時に、その言葉に込めた思いは吹けば飛ぶような軽い気持ちではなかった。彼は、俺は敬虔なイスラム教徒だ、嘘は絶対につかない、と何度も強調した。アメリカにいて、世界を観察しながら、己の出自に負い目を感じることなく、それを悲劇と感じるそぶりも見せず、アメリカに対しても日本に対しても、おかしいことはおかしいと彼は言った。「郷に入れば郷に従う」と同時に、自分の中に意志と信念を持ち続けることがいかに大変なことか。彼のように11年もアメリカに住んでいれば、それはなおさら難しいはずだ。

彼にとってタクシーを運転することは日銭を稼ぐことに留まらないんだろうと思う。ラジオから流れる世界中のニュースに耳を傾けながら、俺のように不規則に乗り込んでくる多種多様な客との会話を通して、いろんな経験を肌で感じているんだろうと思う。そんな彼と、少しでも接点を持てたことを嬉しく思う。
[PR]

by yoichikmr | 2010-06-07 14:21 | 日記
2010年 01月 04日

書く

■ 高校を卒業して10年。2010年は定期的に何かを書こうと思う。これまで2,3年間、ものを書く作業が疎かだった。今にして思えば当然なのだが、その間の俺は、自分なりの考え方やものの見方が確立しておらず、逆にそれを確立しようとしている真っ只中だったから、「まずインプットが先、アウトプットは未だ」という意識があった。同じく、何か書くなら十分に推敲を重ねた、アイデアに満ちた文章を書きたいという思いが常にあった。だから、この1,2年間に書きためた文章のテーマが20近くに及ぶにもかかわらず、ただのひとつも完成に至っていない。翻って、それは「インプットが先、アウトプットは後」という俺の過去1,2年の様を物語っている。

■ アメリカでの学生生活を2年半終えて、こちらでのPhD課程も(規定の期間ではないのだが)一応半分を越した。初めの2年間のインプット作業を終えて、俺の日常的な作業は、選択と解釈の繰り返しになった。何を考えるかを自分で選択して、しばらくしたらそれを振り返って自ら解釈する。この過程にノウハウはないし、答えもない。大海に出て、どちらへ向かって帆を立てるかというのと同じこと。ものを書くことでその軌跡を残すことは、選択と解釈の過程を円滑にするし、将来何かに迷ったときの道しるべとなるはず。書くことが思考を活性化してくれれば嬉しい。

■ 書くことをしないと、思考が堂々巡りする。気づけば、昨日考えたことを今日考えたりしている。同じテーマやアイデアについて、何日も何週間も断続的に考えていたりする。それ自体は無駄なことじゃないんだが、毎回振り出しに戻るのはいかがなものか。やはり、思考の軌跡を残すことで、今日と明日の思考を円滑に繋げたい。
[PR]

by yoichikmr | 2010-01-04 09:19 | 日記
2009年 06月 03日

いざ日本へ

2007年7月に日本を離れて以来2年が過ぎましたが、祖国の味と笑いと風土が恋しくなり、2ヶ月間だけ帰国します。出発は2週間後の6月15日で、ボストンには8月13日に戻ります。この間、日本中にいる友を訪ねて、青春18切符を片手に、列車の旅をしたいと考えています。また、大都市東京・大阪滞在中には、これまで知らなかった味と歴史を求めて探索しようと思っています。

しかし、なんと言っても、日本でこの文章を読んでくれているみんなに会えることを何より楽しみにしています。歳を重ねれば、それだけ友人と会う機会も減り、その間にお互いいろいろな変化をしているものですが、今回の帰省では、その辺を存分に語り合いたいと考えてます。
[PR]

by yoichikmr | 2009-06-03 11:53 | 日記
2008年 08月 31日

Cambridge へ引越し

25日月曜日に、Boston市からCambridge市へ引っ越した。今まではレンガ造りの3階建てアパートの3階だったんだけど、今後は木造3階建て一軒家の3階。しかも、米国の一軒家は(すくなくともbostonで目にする限り)平屋根じゃなくて三角屋根だから、俺の部屋は屋根裏部屋のごとく、斜め屋根です。

2階と3階部分を男3人でシェア。俺以外は、アメリカ人のboston univ.の絵描きとMITの数学者。なかなか出会えない奴らとのハウスシェアが始まったところです。引っ越してからまだ一週間も経っていないのに、「おい、まじかよ・・・」な経験がいろいろあるので、週末を使って、このブログに書こうと計画中。

全体的に、気分は上々。

b0056416_50292.jpg
写真は Charles River。川の左側がBoston市で、右側がCambridge市。俺の新居は左側に見える橋(BU Bridge)を渡ってすぐ。
[PR]

by yoichikmr | 2008-08-31 05:13 | 日記
2008年 08月 20日

夏の旅の記録

この夏に旅した Boston-Cambridge, New York City, Washington DC, そして Philadelphia で撮った写真を公開します。今後、各写真にコメントを加え、構成をきれいにする予定。週末にのんびり整理していくので、お先に写真だけ公開します。下の写真をクリックしてください。

b0056416_1512046.jpg

[Boston Univ. の橋から臨む Boston 市街]
[PR]

by yoichikmr | 2008-08-20 15:09 | 日記
2008年 06月 10日

1年目終了・Blog再開

俺は、先週の月曜日と金曜日にあったQualifier Exam(進級試験)の終了を以って、1年目の課程を全て終えた。今後はこのブログ上に、いろいろな記事を掲載していく予定。前エントリー「MPA/IDかPhDか」以来構想下にあったテーマに関する記事を随時書き上げていく。

- 中国と人権について(経済学の観点から)
- ボストンプロスポーツ全総括(MLB, NFL, NBA)
- 日本、世界からの孤立
[PR]

by yoichikmr | 2008-06-10 09:39 | 日記
2007年 09月 02日

ボストンより

6月29日に大阪を離れてから、かれこれ2ヶ月が過ぎ去ってしまった。この2ヶ月は嵐のようでもあり、またバカンスのようでもあったと思う。人生初めての経験を数多くこなし、そういうひとつひとつの「初めて体験」を自分の中の「経験済み」に変えていくという作業は、意外にエネルギーを必要とするし、想像以上に時間を必要とするみたいだ。この2ヶ月という期間は、大阪にいた俺という人間を、またひとつ別の新しい俺に換えるのに十分なくらい、実にゆっくりと進んでいった。

今、恐るべきボストンの冬の寒さと、来るべき一年目のコースの忙しさを目前にして、神妙な気持ちでいる。俺の回りに大阪の笑いはなく、東京の風情もない。溶け込んだとはとても言えない異国の文化の中にあって、「経験済み」を増やしていくことにとてつもない時間がかかるのだと覚悟しながら、踏むに踏み出せず、引くに引けず、ただぼんやりとしている。

この2ヶ月間はインプットの期間だった。新しい人、モノ、音、臭い、気候を知っていく期間だった。これからは何とかしてアウトプットしていこうと思う。どういう手段になるかはまだ分からないけれど。
[PR]

by yoichikmr | 2007-09-02 16:34 | 日記
2007年 07月 04日

大阪最後のかくかくしかじか

前回、6月6日に記事を書いてからの大阪での最後の日々は実に騒々しかった。ブログ記事を書きたい思いもあったけど、いかんせんインターネットを見る環境も時間もなかったので、一ヶ月間も間をあけてしまった。いま東京に帰って、時間は無いけど環境は整ったので、この一ヶ月間を少し整理してみようと思う。

<奨学金>
合格以来、懸案となっていた留学中の学費・生活費だけど、とある財団から助成金をもらえることになりました。そんな''あざーす''もこの一ヶ月間にあった。

<引越>
2年間の生活で、俺はずいぶんといっぱい本を買っていたことが発覚した。本だけでダンボール5個、大小合わせて全部で15個くらいのダンボールになるくらい荷物が多くなってしまい、ネギって3万円はやり過ぎだった気がした。

<VISA>
朝一で予約していたのにも関わらず、大阪梅田の米国大使館には人がいっぱい来ていた。梅田の大使館はビルのみなんだけど、このビルに入るためのセキュリティチェックが異様に厳しかったので、おかしかった。中に入ってみれば、下調べで分かった状況とは違って、とても簡単な申請となった。書類申請+確認も、面接も窓越しで立ったままやった。面接はアメリカ人相手に話すようで、俺の前の人は英語でしきりに何かを訴えていたんだけど、俺自身はものの20秒ほどの''日本語''の会話で終った。あまりにあっさりしていたので、「えっ、もういいんですか?」と聞いてしまった。朝9時にはすべてが終るくらい早仕事だった。

<予防接種>
大阪を離れる直前に2回目の予防接種をしたんだが、BUに要求されていたMeningitis(髄膜炎菌)の予防接種は日本ではほとんど実施されていないということで、受けずじまいになった。B型肝炎はアメリカに行ってから受けることになる。

<九州大分・国東半島>
大阪を離れて東京に帰る前に、田舎に帰った。

[公開:9月2日]
[PR]

by yoichikmr | 2007-07-04 07:15 | 日記
2007年 07月 03日

帰京す

大阪の部屋を引き払い、九州の田舎を経て、東京の実家へ戻った也。
しばしゆるりと過ごす也。
[PR]

by yoichikmr | 2007-07-03 10:55 | 日記
2007年 06月 06日

「おまえかよ!」な瞬間

一応、留学を目前にしているということで、ここ最近、いやもう一年以上前から意識してやっていることがある。それは、

字幕を見ないこと!

テレビのニュース、映画、情報番組などあらゆる場面で登場する字幕。これは発言者自身の言葉の流れを損なわないために生み出された画期的なものだと思う。実際、字幕付映画と吹き替え映画を並べられたとき、字幕付映画を選ぶ人のほうが多いんじゃないだろうか。

ただし、字幕は必ずしも皆に好まれているわけじゃない。英会話をできるようになりたい人は揃って言う、「字幕を見ずに映画を見られるようになりたいですね」と。

俺はそんな爽やかな夢を描いたりはしないんだけど、必要に迫られることになるのだし、できるだけ字幕無しで聞くことを意識しようと決め、そんな考えでずっとやってきた。

昨夜、書類を作りながら、耳だけはテレビに流れるニュースを聞くという「ナガラ仕事」をしていたら、英語が聞こえてきた。こういう場面でも、意識せずに言っていることを理解できるようになりたいものである。がしかし、まるっきり言っていることが分からない。どんな話をしているのかすらも分からない。分からなければ分からないほど、ニュースの方に意識がひきつけられていく。
すると・・・

b0056416_1656517.jpg

サッカー日本代表監督のイビチャ・オシムが、引き分けとなった日本コロンビア戦を終えて、インタビューを受けているところだった。

「オメーかよ!」な瞬間であった*。

___________________________________________

* 上記のwikipediaのリンクをざっと見てみた限り、オシムの話した言語が何であったのかはっきりと分からなかった(恥ずかしながら地理を勉強したことがない)。
[PR]

by yoichikmr | 2007-06-06 16:28 | 日記