カテゴリ:特集( 3 )


2005年 12月 05日

連載:Who Wins the Game; COMPETENCE & COORDINATION FAILURE

昔からおれを良く知る人は,おれが「頭の良い悪い」で人を区別するのを嫌いだって知ってると思う。

なぜおれがそう思うかというと,この区別はこれだけで人を完全に区別しがちだということと,すくなくとも今の日本では「頭の悪い」人に厳しい社会だからっていうことの二つがある。

あたりまえのことだけど,人は無限次元の特質で区別できる。サッカーがうまいとか歌がうまいとか計算がはやいとかジョークがおもしろいとか悪知恵が利くとか,ありとあらゆる特質をみんな持っていて,それゆえにみんながオンリーワンの人間として存在してる。これは事実。こういう「100人いれば100人それぞれが違う人」という事実を都合よく分けてしまうのが「頭の良い悪い」という分類だと思うんだ。

でも「サッカーうまい人へたな人」の分類もあるじゃないか!といえば,そりゃそう。けど,これがそんなに問題にならず,「頭の良い悪い」が問題になってしまう理由があって,それが機会格差社会という構造。

どういうことかというと,頭脳明晰,何をやらせてもそつなくできる人っていうのはよくいるものだけど,彼らはその「能力」のおかげで,社会がどう変化しようが環境がどう変わろうがやっていくことができる。とりあえず生きていくことはできる。一方で,何をやらせてもうまくできなくて,なかなか学ぶことできないひとというのもいて,彼らは自分のできる範囲でしか仕事をこなせないので社会の変化や環境の変化に対して非常に弱い,適合しにくい性質を持ってる。

こういう状況だと,コーディネーション(協調)次第で社会全体が良くなっていくか悪くなっていくかが変わってしまう。(これは経済発展なんかの文献で語られることもある重要な考え方なんだよね。)

_________________________________________________________
①頭の良い人とそうでない人が互いに補完しあって(補い合って),社会全体がどんどん良くなる場合。これはコーディネーションがうまくいっている状況で,相対的に頭の良くないひとのことも頭の良い人たちが引き上げているケース。

②頭の良い人とそうでない人の間でミスマッチ,ギャップが起こって,社会全体がどんどん悪くなっていく場合。これがコーディネーションの失敗(Coordination Failure)が起こっている状況で,相対的に頭の良くないひとが頭の良い人たちの足を引っ張ってしまうケース。
--------------------------------------------------------------------

で,国によって社会によって①になりやすいか②になりやすいかという性向がある。おれは日本という国は②になる可能性が本当に高い国だと思う。アメリカという国は限りなく①に近い国だと思う。何が日本をそう評価させるかと言うと,例えば,

_________________________________________________________
◆職業訓練カレッジがない → 社会構造や環境が変化したとき,職を代えざるを得ない人たちが次の職に移っていけない。 → 構造・環境変化に逆らっていつまでも前の職に居続ける。 → 構造・環境変化がなかなか進まない。(ここでコーディネーションの失敗)

◆多様性を拒む(例えば人を「頭のよしあし」で完全2分化する) → みんなが画一的評価の中での良い方になろうとする → なれなかった人は落ちこぼれる → 彼らは自信をなくして,生産活動に積極的に参加しなくなる(コーディネーションの失敗)
---------------------------------------------------------------------

上に書いた「『頭の悪い』人に厳しい社会」ってのはこういう風に例を挙げるとわかりやすい。

社会というのは常に変化し続けるもので,それが経済的な変化であれ政治的な変化であれ,全体が変化する中でそれに意図的に適合しなくてなならない人が出てくる。それはいつも「頭の悪い人」ということになるのだけど,彼らに対するサポートが社会全体からなされるなら問題は無いが,何もサポートが無く,彼らに「自分の力で社会の変化に合わせろ」と言うような状況は問題だ。

2,3年前にまだ日本の経済が踊り場を出たのか出ていないのかわからないようなときに構造改革ということがさかんに言われていた。そのときよく議論になっていたのが「雇用創出」というもの。古くなったor効率の悪くなった産業から新興産業への労働力の流れを加速させよう!そのためにはどうすればいいだろうか!?という議論が夜な夜なされてた。政府としては変化に合わせなくちゃいけない人にサポートはしようとしていたみたいだ。

けど,実は政策的に労働力を望ましい産業に移そうとすること自体もコーディネーションの失敗の種になりうる。政府の政策がいつもよりよいコーディネーションに導くというわけではない。だから,その意味で上で言った議論というのは第二段階でなされるべき事柄だった。「これからどうすべきか」の前に「コーディネーションの失敗の原因はどこにあるのか」を探るべきだと思う。

おれの見解としては,それは価値観のバイアスにある。
価値観のバイアスとは,人の能力を多様な特質の中から個別に評価するのではなく,画一的な基準にそって評価しがちな偏向のこと。この価値観バイアスが悲劇なのは,評価を受けるべき人や活動が正当な評価を受けないことにある。例えば,初等中等学校では部活動が活躍する場ってのは少ない。「それは趣味だろ」的な見方がはびこっている。本来はそれを大々的に応援したり讃えたっていいはずなのだ。また,歌が好きでうまい人だっているんだから,その人に学校の運動会で国歌だったり何かの歌を歌ってもらってもいいはずだ。こういう風に,それぞれの特質を最大限に引き出すことでより素晴らしいシチュエーションやコーディネーションが達成できるのにもかかわらず,そういうチャンスを初めからそぎ落としているのが価値観のバイアスなのだ。ダイナミックに考えてみると,こういう価値観のバイアスは自然発生的に補正されることはない。なぜかというと,バイアスを持っている社会に生まれる新しい世代はバイアスを持ちがちだというのが自然だからだ。そうなると,バイアスを是正するのは外部から新しい価値観を導入することしかない。余談だけど,そういう意味では移民を受け入れる必要があるとおれは思う。

おそらく,そうした価値観のバイアスが生まれたのは戦後の高度経済成長期じゃないかと思う。まさしくこのときはコーディネーションが非常にうまく行っていたときで,去年より今年,今年より来年になればなるほど所得が上がっていた時期だ。画一的だった庶民の生活に差が出始めたのもこの時期だ。それにしたがって,「成功したきゃ大学行け,大企業行け」という価値観が生まれたのは自然だ。

価値観のバイアスが是正されなければ,社会が変化していくにつれ,またコーディネーションの失敗が起こる。政策的にいくら補正をしたとしてもだ。戦後50年は右肩上がりだったからそうしたコーディネーションの失敗の存在に気づかないでいられたんだろうけど,もう右肩上がりは起こらない。だから,足元にある自分たちの価値観を見つめなおしてみないと明日の世代がかわいそうだと思う。


===========================================

頭のよいわるい,についての本音

多分,この連載の次回の記事に書くのは一種の「頭のよいひと」を褒め称える記事だと思う。笑。けどその前にひとつ釘をさしておきたい。

頭がいいと言うとき,何をもって頭がいいと俺らは言ってんだろうとたまに考える。思いつくのは,「問題処理が早い」「表現の仕方がうまい」「いろいろなことを知ってる」「人が思いつかないことを思いつく」「間違いを犯さない」などなど。

こういうひとってよくいるし,素晴らしいことだと思うんだけど,みんながみんなそうである必要は無いと思うんだよね。だけど,そうありたいって人って結構多いのでは?とも思う。いや,そうありたいと思っててもいいんだけど,そのせいで自分の魅力が何かってのを見失うなよってすごく思う。うん,そこ。

男でも女でも,そいつの魅力ってのは仕事とかずば抜けた能力とは別のトコにあると思うんだ最近。
仕事のことではすごい賢いなーって思うのに,それから一歩外れるとボケかましちゃうとか。
いつもまじめに仕事行ってるけど,たまにみんなで集まるとエロいことしか言わないとか。
なんか,そういうのがそいつの魅力だったりするわけじゃん。
友達を頭で思い出してみて「あいつ,ほんとバカだよな~」って笑えるのって頭の良し悪しとは別のトコだよね。

そう思うとね,頭がいいかどうかなんてどうでもいい気がするんだよ。
どんな仕事してるかとかどんな大学でてるかとかじゃなくてさ,そいつの笑顔のあるところには何かしらの魅力が転がってると,お兄さんはそう思うんだ。だから,笑顔フェチ(一応言っとくとフェチなのは女性の笑顔だけね)。
(おし,しまった^^)
[PR]

by yoichikmr | 2005-12-05 07:24 | 特集
2005年 11月 07日

Moving to New York City

11月4日金曜~11月6日日曜

前日夜にやった Game Theory の宿題的なものを出した後,住んでいるところから近いところにある伊丹空港に向かった。空港には30分もかからずに着いた。空港に来るといつも不思議な感じがする。大部分の人にとって非日常的な場所であるはずの空港なのに,そこにいる人たちは毎日いるかのように場所になじんでる。これは,まだおれが移動手段としての飛行機を使うということに慣れていない証拠なんだろうか。

昼に伊丹を出た飛行機は50分ほどで羽田に着いた。近い。ほんとうに近い。10時間もかけて鈍行列車で行き来していたころが懐かしい。もうあんなことはできない。

東京の景色をひさしぶりに,2ヶ月ぶりに見たのは羽田から京浜急行に乗ったときだ。3ヶ月まえに乗ったときと全く同じ景色。残念なくらいに懐かしく思わなかった。つい昨日までここにいたかのように,自然に非日常の東京に染み込んでしまったような気がした。

三田に向かった。卒業以来,久しぶりに見る母校。そうか,気づかぬ間にここも母校になったんだ。慶應義塾。久しぶりに来てみると,ここは勉強をする環境じゃないと心底思う。いや,友達の名誉のために言うと,それは俺にとって。こんな華やかなところじゃ気がいくつあっても勉強には向かない。だからおれは大阪に出て正解だったと思う。三田での慶應の記憶は学部の思い出として留めておけばいい。その思い出に勉強という思い出も入れてしまったら華やかな思い出に影が入ってしまう。

Special Thanks: コータ,フジモト,クリタ,ムラタ,コマツ,タケッチャン
突然の訪問なのに相手にしてくれてありがとう。


慶應三田キャンパスにて。2005年3月竣工ロースクールの建物から。ピザーラらしい。
b0056416_351442.jpg



ピザーラからガラス越しに自習室(PC部屋?)らしきものを臨む。思わず恋でも芽生えちゃうんじゃないの,ここ?
b0056416_3514237.jpg



地下2階だっけかな?自習室みたい。何席くらいあったんだろう?500席くらいあるよね??
b0056416_352539.jpg



三田から地下鉄で丸の内線西新宿へ向かう。しばらく離れると土地感覚をなくしちゃうんだろうか。つまらないことをして時間を無駄にした。すごい遠回りをする線に乗ってしまった上,2回以上乗り換えできないということを知らず,大手町で2度目の切符購入をした。

ここで東京に来た理由を明らかにしようか。

大学に入ってから4年間ほぼ毎週,年に30~40回くらい熱い議論をしたHenryが奥さんのShokoさんと一緒に New York に引っ越すことになったことの連絡を受けたのがちょうど1ヶ月前。そして,ちょうどこの日に,ウチの家族と二人とで食事会+見送り会をするということを一週間前に聞き,急遽参加することにした。

3年ほど前,初めてホームページを作ったとき,自己紹介の欄で彼についてこんなことを書いた。

『彼との関係は私が英語を習うという契約のもとで実現したものだが、彼から受けた影響はそれに留まらない。英語を習う以上に、「知る」ということへの姿勢と、教養から生まれる深い洞察から学ぶことはあまりに多大である。遠い将来、私が自分の歴史を振り返ったときに、私という人間を形成した影響力のある人として彼を挙げるだろうことは、今からでも容易に想像できる。』

これはまだ知り合って間もないころに書いたから,その後の4年間にさらに「多大」な影響を受けていると思う。この俺が大学院に進むことになったのももしかしたら彼の影響かもしれない。彼はビジネスに非常な関心を示すうえ,あまりにも鋭いアカデミックな視点でものを見る。MITという世界の最高峰を出ているだけに説得力も半端なものではなかった。彼には悩んだことを何でも話したし,彼もできるかぎりの話をしてくれた。彼と議論した4年間があって今の俺がいる。

ふぐ料理屋に行った。生魚を食べられない彼がふぐの刺身を食べられるのか。店の人も合わせて10人くらいに見つめられながら「ん~,タコに似てるねぇ」とまずそうな顔を隠しきれずに言う。一同爆笑。6年半過ごした日本の料理に完全には慣れることができなかったとしても,あの場にいた誰よりも日本を知っているのは彼だった。

二人とは中野坂上の駅で別れた。

次の日,二人は New York へ出発した。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人生,人との出会いは一期一会だなと最近よく思う。

昔は,小さい世界で生きていたからそんなこと思う必要はなかった。今は,俺は生まれ育った町を出たし,昔からの友人なんかは俺とは違う道を歩んでいたりする。人と人の接線が点になりだしている。いつでも会えると思っていると気づかぬうちになかなか会えない仲になっていたりする。そんなことは昔は無かった。最近,会わなくなった昔の知り合いを思い返しては,懐かしいなと思うようになった。つい2,3年前のことでも懐かしいと思う。ひとに再会することはできても同じシチュエーション,同じ会話は2度と再現できない。それを切ないと思いながら,だからこそその場を大事にしようと,そう思う。


You don't have much chances to know somebody in your lifetime.

For years I've never thought that way and have not needed to, because I've been in a small world. Now I moved out of where I was brought up, and friends that I used to know are living in somewhere I'm not sure enough. Those lives, mine and the others', hardly cross each other now, sadly. Sometimes you can realize that old friendship is no longer such relations that you can get in touch with everytime you want. I never knew such a reality.

I miss someone once I knew very well, even if he or she has been out of my reach just for a couple of years. Even though you can meet them again someday somewhere, you have to notice that the same situation and the same conversation never happen again. So I swear that I never spoil any "present".
(Translation)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


A few years ago, on the profile page of my webpage, I introduced Henry as this in Japanese,
---"He and I had a contract that I learned from him, but his influence on me is beyond that. There is much more for me to learn from his attitude toward "knowledge" and from profound insight generated by his culture than to learn the language. I can say even now that I will list him among others as a high rank key person that has formed my life, when looking back my whole history in the far future."---

I hope he has a wonderful life in NYC as in Tokyo.

Aaaaand,

I'll definitely visit you. Watch out!! ^^v

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

b0056416_17174021.jpg

b0056416_1718139.jpg

b0056416_17182226.jpg

[PR]

by yoichikmr | 2005-11-07 23:43 | 特集
2005年 11月 03日

連載: Who Wins the Game; INTRODUCTION

「老化の過程を逆流させることはできない。老いゆく身体を若返らせるのではなく,老いゆくスピードを極限まで引き下げる」

b0056416_1211941.jpg
Michael Jordan がNBAに復帰して犬のようにボロ負けした翌年,専属トレーナーになった男が言った。

この年の Michael Jordan は,自身も含め,後にも先にも現れないであろうほど最高に「運動神経の良い」選手だった。異論をはさむ人は少ないだろう。



     ++++++++++++++++++++++++++++++++++

スポーツには2つの考え方があると思う。

1つ目は精神論。2つ目は機能論。

精神論は日本に良く根付いてる考え方。形に表れるものだけじゃない観念的なもの全体を指すように思えるけど,実際のところは単純な発想で「気持ちでは負けない,気持ちで勝つ」というもので,突き詰めていくと「勝敗はどうでもいい」というところに行き着く。とわたしは考える。(異論があれば大いに受け付けます。下のコメントまで。)

機能論は逆に日本では邪険に扱われがちな考え方。肉体と肉体の勝負を性能(機能)の差という観点で見る。この考え方に立つと「準備」が大事になる。期日までにどれだけ準備をしてきたかで勝負の前に勝敗はついているという結論に通ずる。

これはエクストリームな分類であって,現実的にはそれらだけでは在り得ない。オレを含め,多くの人は精神論と機能論の合わさったものを持っている。Michael Jordan はそれらのバランスの良い持ち主だったとオレは思う。

     ++++++++++++++++++++++++++++++++++

これまでのストーリーの背後に想定しているのは,スポーツを含むあらゆる生産活動。今後,数回にわたって自分の考えを展開し深めつつ意見を乞うていきたい。
[PR]

by yoichikmr | 2005-11-03 00:01 | 特集