2006年 12月 09日

shushi ronbun

無事、報告会を終えました。一時は論文を完成させられないのではないかという不安と共に留年の危機があったりもしましたが、大きな山を越えることができました。あとは、論文を修正して来年1月に提出するだけです。

学者というのは論文を書くのが仕事なわけですが、この一年で、その仕事がどういうものなのかということをわたくしなりに勉強させてもらいました。またの機会にそういうこともここで記事として書いてみようかなと思っています。

それから、わたくしの修士論文がどんなものかということも、この場で説明したいと思います。
[PR]

by yoichikmr | 2006-12-09 13:23 | 日記


<< 応用経済学の方法についての私論      東京 >>