2006年 08月 10日

うどん

このブログを見る人は大方東京在住か東京出身の人たち,さらには東京以外に住んだ経験のない人が大半だと思う。東京に住む人の発想に「旨いうどん」というのはあるだろうか?東京生まれ東京育ちの俺自身の経験から言って,ありえない。東京人にとって,うどんとは時間のないときにパパーッと食べられる便利なものという位置づけでしかなく,旨いともまずいとも言われることのない非常に地味な存在だ。まして,究極の「旨いうどん」を探求することなんてありえるはずがない。

大阪に来て,それは全くの世間知らずだと知った。JR大阪駅前にあるうどん屋に初めて訪れたとき,うどんの世界の奥深さを知った。それは,これまで食してきたうどんが一瞬にして一笑に付されてしまうような,そんな威力のあるものだった。これを見て欲しい。

「うどんは刺身です。」b0056416_0393372.jpg

うどんにかぼすをかけた経験はありますか?かきまぜずに,二本ずつ持ち上げてズズっと食べなはれ,と言われたことはありますか?うどんが刺身であるなんてことを考えてみたことがありますか?

今日,うどんの天国,四国は香川に行ってきた。片道3~4時間。まずはココに行った。
b0056416_064378.jpg青いテントの下で行列が待ってる。この店は本来製麺所で,店頭では昼の一時間にだけしか食べられない。

さぬきうどんの日の出製麺所

この店のうどんはコシが違う。うまい。

b0056416_0124430.jpg
本州と四国をつなぐ瀬戸大橋。瀬戸内海を眺めるのは,昨夏神戸から大分の田舎へ行く際にフェリーで瀬戸内海を通ったとき以来。今回,一年ぶりに瀬戸内海にやってきて,おれはこの景色が好きだと確信した。眼前に広がる大海原にポツリポツリと島が浮かんでいる。それぞれの島は小さいものの,左右を本州と四国という大陸に挟まれながら,海の上ではどの島も存在感がある。将来,自分の人生の大半が終わったと思ったとき,ここでのんびり住むのもいいなー。

b0056416_0184691.jpg

次なる店はこちら。意外とキレイな店内。一軒目とは大違い。4時ごろに行ったのですいていた。昼と夕食時はすごい混むらしいんだけど。

b0056416_0213884.jpg

どうですか。おいしそうでしょ。冷や天おろし。レモンとしょうゆダレをかけて頂きます。

おか泉
[PR]

by yoichikmr | 2006-08-10 23:52 | 日記


<< きむらはただいま・・・      Rwanda >>