Do Something II

dosmthng.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 17日

JBIC解体

まさに晴天の霹靂。

いや,それは言いすぎか。JBIC (Japan Bank for International Cooperation: 国際協力銀行) が解体されることになった。2分割されて JICA と新しく統合される政府系金融機関とに組み込まれる。JBIC とは何か??一言で言うと,ODAといわれる援助を実際に行ってきた機関,実際にお金を出してきた機関だ。

現在のODAは、企画立案は外務省など13府省庁、実施機関は円借款がJBIC、技術協力はJICA、無償資金協力は外務省と三つに分かれている。今回の改革で、企画立案は首相直轄組織に、実施部門の組織の形としてはJICAに統合されるため、「ODAの一元化」が実現することになる。毎日新聞


JBIC の名前は残されるようだ。

JBICの名称を残すのは、経済界から「JBICは国際的に知名度が高く、外国政府に対する影響力も大きい」と存続を求める声が強いことに配慮した。

俺は今RAの仕事で世界銀行( World Bank )が行っている援助のプロジェクトを調べまくっている。世界銀行のホームページhttp://www.worldbank.org/へ行くと,この機関が行っているあらゆるプロジェクトの詳細を見ることができる。各プロジェクトは事後的に評価されて Document が作られるのである。これを注意深く見ていると,"JBICがこのプロジェクトのファイナンスに協力してくれた(お金を出してくれた)"と書いてあるのに気づく。しかも,それは一つや二つのプロジェクトではない。JBIC の国際的知名度を感じる瞬間である。

日本のODAが世界に対してしてきた貢献は計り知れないと,いつか社会科の授業で学んだ気がする(たしかアメリカに次いで世界第2位だった気がする)けど,それはこの JBIC を通して行われてきたのだった。これまで JBIC は大事な役割を果たしてきた。その役割を,新しい機関にも引き続き期待したい。
[PR]

by yoichikmr | 2006-02-17 23:07 | 記事


<< 事務的なおはなし      Aghion et al. (... >>