Do Something II

dosmthng.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 28日

ブランチ,TOEIC,ベニスの商人

b0056416_23254443.jpg11月27日日曜日。
観光で関西に来た古い友人と梅田でブランチ。なんか最近全然梅田に出ていなかった(街にでていなかった)ので,すごくいい気分転換になった^^ さんきゅ!
嵐山に行ったみたいで写真を見せてもらったら紅葉がきれいだった。渡月橋から見える山の紅葉は凄い綺麗なんだろうなぁ。
また来いやー!

(写真はネット上にあったのを勝手にお借りしましたー)
++++++++++++++++++++++++++++

昼から阪急京都線の相川ってとこでTOEIC。人生初のTOEIC。ちょっと遅刻気味だったんだけど,駅出たら,一緒の電車から降りた人たちがダッシュし始めるもんだから「なに,これは走んないとやばい状況なの?」って感じで?はてな?のまま自分もダッシュ。ダッシュしなかったら遅刻してた^^;

TOEIC初めてなモンで知らなかったんだけど,あれ携帯電話の電源切ってるかどうかをいちいちチェックするのね。で,みんな携帯を机の上に出して電源切れてることを見せるわけだけど,おれの斜め前に座ってた♂がどでかいサンタをつけてて内心めちゃ笑った。おいおいそのサンタはでかすぎだろって。

TOEICって未だにペーパーなんだよね。それは別にいいんだけど,俺の隣のおじさんがページをめくるたびに,「おっしゃ,おれは次のページ行っちゃうよ~。どうだ,すげ~だろ~っ」とでも言いたげな感じでガサガサ音立てるんだよね。図書館で電卓片手に会計士の勉強してる人がバチバチ電卓打ってて,最後の「=」を打つときに渾身の力を込めるのと似てる。やっぱりその瞬間は力んじゃうもんなのかね。

逆側の隣のおじさんは,Readingの時間にほぼ「音読」してた。うん,あれは「音読」と言って差し支えないと思う。口でパクパクやりながら読んでるつもりなんだろうけど,音出ちゃってますよって感じ。

TOEICはビジネスで使われるだけあって内容がそれっぽいのが多いね。けど,あのReading Section は勘弁してほしいよね。まだこんなにあんのかよって感じだよね。リーディングといってもチラシみたいのばっかだし。あと,マーク試験ってやだね。全部終わってから見直ししてたら一個答えを書き間違ってたのを発見してしまって,その瞬間背筋が凍りついたからね。幸い,その問題だけ書き間違いだったけど。やっぱコンピュータの方が安心。リスニングもマイペースで行けるし。

よくTOEICとTOEFLの得点を換算する表とかあるけど,あれって全く意味ないもんだと思う。全然違うからね。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

帰りがけに梅田の紀伊国屋に寄った。ひさしぶりに英語の試験を受けたせいもあってか読書したくなった。前から読みたいなと思ってたモンがあって,それ買った。Al Pacino主演の「ベニスの商人」を見たいので,その前に原作を読もうと思っていた。

The Merchant of Venice (Penguin Shakespeare S.)
William Shakespeare Stanley Wells W.Moelwyn Merchant Peter Holland / Penguin Books Ltd
スコア選択:




William Shakespeare の "The Merchant of Venice" は,彼の作品の中でも極めて経済人向け,とりわけ経済学者向けだ。主題はどっちかというと法律とか倫理とかそっちなのかもしれないけど,扱うテーマ自体は高利貸しであったり契約へのコミットメントであったりパニッシュメントであったりするからね。現在の先進国の世界で当りまえになっている経済事象を一歩引いた視線で見るにはもってこいかもしれない。どんなストーリーか知りたい人はここで予告編を見てみて。

それにしても,まだ映画見てないのに,予告編を見てしまったがために読んでてアルパチーノが脳裏に出てくる。

それにしても言葉が古すぎて何言ってんだか全然わかんない・・・。日本語訳だと秒殺なのに。失敗した感があるけど頑張って読む。


梅田の喫茶店でこれを読みながら聞いてた Nujabes がたまらなくイイ。
Metaphorical Music
NUJABES / インディペンデントレーベル
スコア選択:


Modal Soul-2nd Chapter Of Metaphorical Music=
NUJABES / インディペンデントレーベル
スコア選択:


一枚目は2003年頃に出た1st Album。二枚目は今年2005年に出た2nd。
このDJは日本人なんだけど,才能あふれるトラックメイカーで,彼の哀愁漂う楽曲は国内外を問わず多くのアーティストを惹きつけている。
で,1stの出たときも渋谷ではかなりの衝撃があったんだけど,今回もかなりの衝撃なんだ。
実際おれは2ndの方が好きだ。
ジャンルは Jazzy Hip Hop 。Sing02 の "Luv (sic) part.3"もあるよ>たけっちゃんほか


それからココ1,2ヶ月ずっと聞きつづけているアルバム。
Closer
Josh Groban Lucio Dalla Louis Enrique Bacalov / Reprise
スコア選択:


正直やばいです。
このアルバムは2年前くらいから持っていたんだけど,まだあんまり良さに気づいていなかった。最近聞いたら全曲ヤバイということに気づき,現在 Heavy Rotation 中。
ジャンルは Soft Classic 。
こいつの Vocal はすさまじい。かなり感動的です。ちなみに Producer は David Foster from DEEP FOREST。
このアルバムは全ての人に強力プッシュです。Strong Recommendです。
ブランチを一緒にした友達にもプレゼントした。気に入ってくれるはず^^
一応ここで視聴してみて。ただ,クラシックだから一部分を聞いても良さはわからないので,ここはだまされたと思ってCD買って聞いて。おれの評価が信じられない人はアマゾンのページで(上のリンク)他の人の評価を見てみて。
[PR]

by yoichikmr | 2005-11-28 07:38 | 日記


<< ふぇちバトン      頭で考えられない人 >>